記事一覧

ショパール、パリのファッションウィークを飾るイベント 「ル・デフィレ・ロレアル・パリ」で、ジュエリーパートナーとして活躍

昨年に引き続き、今年もショパールは「ル・デフィレ・ロレアル・パリ」の専属ジュエリーパートナーを務めました。このランウェイショーは、パリの中心を流れる街の象徴でもあるセーヌ川で開催、ショーの様子が一般公開され、ファッションとビューティという2つの世界と、フランスの首都パリが固い絆で結ばれたイベントとなりました。パリジェンヌのエレガンスへの礼さんを込めた70のスタイルが登場し、ロレアル・パリを代表する美しいミューズたちが、メゾン ショパールのジュエリーをまとい、キャットウォークに颯爽と登場しました。



ル・デフィレ・ロレアル・パリの熱狂的な観衆がセーヌ河畔で見守る中、様々なブランドのアンバサダーやファッションリーダーたちがランウェイに登場しました。ダミアーニ ネックレス 偽物フランスの首都パリを象徴するファッションとビューティの祭典を、より多くの人々に楽しんでもらうため、ショーの模様が30カ国でライブ配信されました。60メートルにおよぶ長いキャットウォーク・フロートがセーヌの川面に設置され、水上交通に一時的に規制がかけられる中、注目のランウェイショーが上演されました。



昨年同様、今年もショパールがこのイベントでの専属ジュエリーパートナーとして活躍しました。ロレアル・パリのインターナショナル・アンバサダーたちもランウェイに登場し、イベントを盛り上げました。主なキャストは次の通りです:ビアンカ・バルティ、ティラーヌ・ブロンドー、マリー・ボシェ、マリア・ボルゴ、シェリル、エル・ファニング、ルマ・グローテ、ダビカ・ホーン、リヤ・ケベデ、アヤ・ナオミ・キング、エヴァ・ロンゴリア、ユディット・マスコ、アンディ・マクダウェル、パク・スジュ、ダッキー・ソット、ニコライ・コスター=ワルドー、ミン・シー。モデルたちは、70の様々なスタイルで美の競演を披露しました。ロレアル・パリのヘアドレッサーとメイクアップ・アーティスト、ショパールのジュエリー職人、そして、今回のイベントに協賛するクチュールメゾンが一体となって、ファッションの都パリの威信を体現したこの壮観なショーが実現しました。

今回のショーを彩るショパールの数々のジュエリーの中でも、特に注目を浴びたのが、メゾンの共同社長兼アーティスティック・ディレクターを務めるキャロライン・ショイフレのデザインによる豪華なネックレスとイヤリングです。18Kホワイトゴールドを使用し、渦巻き模様のカラーチタンに、ダイヤモンド、タンザナイト、ラピスラズリの象眼細工が施されています。この壮麗なハイジュエリーセットは、モデルのミン・シーが着用し、ランウェイショーのフィナーレを華やかに飾りました。ネックレス ブランド今回のイベントで、モデルたちが着用したショパールのジュエリー&ウォッチのコレクションでは、ビッグハートな女性のためにデザインされた「ハッピーハート」のタリスマン・ジュエリーを始め、洗練のパリジェンヌスタイルを踏襲したエスプリを感じさせる作品が数々と登場しました。



ショパールは1860年創業以来、世代を超えて継承されてきた伝統技術を永続させ、溢れんばかりの情熱をもってコンテンポラリーな魅力を放つウォッチやジュエリーを世に送り出してきました。各専門分野を極めた情熱的な職人たちの努力に裏打ちされた繊細な技術、コレクションの中に各職人たちが自らの持てる才能を存分に発揮できる豊富で奔放な創造性、そしてメゾンとしての社会的倫理観。ショパールは、世界を見据えた確固たるビジョンに導かれ、時計宝飾製造を通じて、これらの3つの価値観を中心に据え、それを慈しんできました。レスポンシブルでサステナブルな究極のラグジュアリーを模索する時代の流れに則し、2018年7月より、ショパールは、メゾンが生産するすべてのジュエリー&ウォッチ製品について、エシカルゴールドを使用しています。

ショーメ「ティアラ セレブレーション Vol.2」10月5日(土)からアーカイブティアラを一般公開


▲「パンジーの花のティアラ」 ジャン=バティスト・フォサン 1850年頃 ゴールド、 シルバー、 ダイヤモンド パリ、 ショーメ コレクション
 
 
令和の新しい時代を祝し、 2019年10月5日(土)から27日(日)まで、 ショーメ銀座本店にて貴重なアーカイブピースのティアラを展示公開いたします。
この2点のティアラは、 通常は一般公開されておらず、 7月12日から8月28日までモナコで行われていたエキシビション「ショーメ イン マジェスティ」 - 宮廷のショーメ – で展示されていた作品です。 2018年に東京三菱一号館美術館で行われたエキシビション「ショーメの世界」でも一般公開されました。

由緒あるジュエリーにはそれぞれ込められた意味があります。 例えば”パンジーの花のティアラ”には「密やかに想いを伝える」という意味がありました。ネックレス ティファニー 日本でも和装の世界にTPOがあるように、 カジュアルに身に着けられるものや、 上級階級のみに許されているモチーフなど、 シーンに合わせたティアラを身に纏うことが社交コードとされ、 古くから社交界に出席する方の嗜みとされてきました。



▲「スクロールワーク(渦巻き細工)のティアラ」 ジョゼフ・ショーメ 1908年 ゴールド、 シルバー、 ダイヤモンド
 
 
この他、 現在販売しているティアラもディスプレイされます。



▲12 ヴァンドーム ティアラ プラチナ、 ダイヤモンド 104,000,000円(税抜)



▲「ジョゼフィーヌ」コレクション エグレット アンペリアル ティアラ 9,840,000円(税抜)
 
 
是非この機会に、 様々なショーメのティアラをお楽しみください。

ティファニー、アイコニックなブライダル コレクション「Tiffany True」より新作バンドリングを日本先行発売


ティファニー(Tiffany)が昨年発表した「Tiffany True」は、 新たなアイコンとして誕生したブライダル コレクションです。 現代の女性のスタイルにあわせたモダンなデザインは、 現代における多様な愛の形を表現しています。 幾何学的なラインや精巧なディテールにより、 ティファニーの伝説的なブライダル コレクションに新たに加わった、 現代的な愛を表現した傑作です。 センターストーンを低い位置に留めたセッティングと洗練さと身に着けやすさが共存したデザインのエンゲージメント リングは、 比類なき輝きとラグジュアリーを日常的に楽しむことができます。

そんなアイコニックなブライダル コレクション「Tiffany True」の新作バンドリングが世界に先駆け、 6月6日より日本で先行発売されます。 プラチナに加え、 18Kイエローゴールドとローズゴールドの3マテリアルで展開し、 現代女性に向けてデザインされたグラフィカルかつミニマルで華奢な細さがポイントの1.5mmのバンドと、 ダイヤモンドの輝きがモダンなムードより引き立てる2.5mmのバンドからお選び頂けます。 ウェディングリングとしてはもちろん、 ファッションリングとしても、 エッジィかつシックでタイムレスな魅力を放ちます。

ティファニーのチーフ・アーティスティック・オフィサーであるリード・クラッコフは次のように述べています。
「ティファニーは、 1886年に独自の『Tiffany® Setting』を発表して以来、 愛と約束を象徴する至上の存在 として存在し続けてきました。 そして今、 類い稀なセッティングや卓越したカットを採用した『Tiffany True』を 世に送り出すことで、 現代における究極の愛を表現していきます。 」



1.5mm [PT]106,000円(税抜) © Tiffany & Co.



1.5mm [18KYG]84,000円(税抜) © Tiffany & Co.


1.5mm [18KRG]84,000円(税抜) © Tiffany & Co.
2.5mm [PT・DIA]129,000円(税抜) © Tiffany & Co.


2.5mm[18KYG・DIA]106,00円(税抜) © Tiffany & Co.



2.5mm[18KRG・DIA]106,00円(税抜) © Tiffany & Co.
 
 
マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ティファニー(Tiffany)のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を公開中。真実の愛を象徴するブランド、ティファニーは世界中の花嫁のあこがれ。その美しさを確かめて。

ティファニー の新アイコン「ティファニー アトラス X」から、コレクションのスピリットをモダンに表現する新作が登場


ティファニー アトラス X ピアス 18Kローズゴールド ダイヤモンド ¥148,500(税込) © Tiffany & Co.
 
 
ニューヨーク5番街のティファニー ニューヨーク本店に掲げられたアイコニックな時計“アトラス クロック”にインスピレーションを得て1995年に発表された「ティファニー アトラス」コレクション。2021年1月に大胆でモダンなデザインにアップデートされた「ティファニー アトラス X」コレクションから、Xのデザインがコレクションのスピリットを象徴的に表現するX(エックス)とOPEN(オープン)の2スタイルが、2021年4月より加わりました。

「ティファニー アトラス X」は、パワフルなアングル、クリーンなライン、印象的なシルエットが融合したグラフィカルでシンプルなデザインが特徴。ローマ数字は、このジュエリーを身に着ける人自身が時を司ること、そして本当に大切なことを思い出させてくれます。

「ティファニー アトラス X」は、Closed(クローズド)、X(エックス)、Open(オープン)という3つのスタイルで構成されています。Closed(クローズド)スタイルとOpen(オープン)スタイルは、ナイフエッジの研ぎ澄まされた輪郭(ナイフエッジは、ティファニーセッティング エンゲージメントリングが1886年に登場して以来、ブランドのコードの一つです)が一段と強調され、大胆でインパクトのある視覚効果を生み出しています。ローマ数字はシャープなきらめきと影を生み出し、シルエットの力強さを増幅させます。X(エックス)スタイルはピアス、ペンダント等において、このコレクションのスピリットをモダンに表現する、X(エックス)モチーフが主役とされています。Closed(クローズド)、X(エックス)、Open(オープン)のそれぞれには、鮮烈な輝きできらめくダイヤモンドをアクセントとするデザインが含まれています。例えば、ワイドバングルとリングを飾るパヴェダイヤモンドはハニカムパターンにセットされ、メタルの存在感を控えめにすることで、ダイヤモンドの輝きが最大限に高められています。多種多様なデザインやテクスチャー、重厚感のあるアングル、モダンなプロポーションが共演する「ティファニー アトラス X」コレクションは、重ねづけはもちろん、自由自在にスタイルを楽しむことができます。



ティファニー アトラス X ペンダント(ラージ) 18Kローズゴールド ダイヤモンド ¥434,500(税込) © Tiffany & Co.



ティファニー アトラス X ナロー リング 18Kローズゴールド ダイヤモンド ¥269,500(税込) © Tiffany & Co.


ティファニー アトラス X オープン リング 18Kローズゴールド ダイヤモンド ¥511,500(税込) © Tiffany & Co.


ティファニー アトラス X オープン ペンダント 18Kローズゴールド ¥242,000(税込) © Tiffany & Co.
 
マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ティファニー(Tiffany)のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪、店舗情報、最新ニュースを公開中。ティファニーのリング購入を検討中のふたりはチェックはおすすめです。


【関連記事】:2021友達の大学卒業のプレゼント

ジュエリーを買取してもらう3つの方法


ジュエリーを売るときの方法は、主に3つあります。買取店・出張買取・宅配買取の特徴を解説した上で、メリットとデメリットを紹介します。

①買取店に持ち込む
一番シンプルで手軽なのは、リユースショップなどの買取店に持ち込んで買取してもらう方法です。ルイヴィトン ジュエリー買取店を利用すれば、その場で値段がついて現金化でき、査定額の詳細も聞けるため安心感があります。価格に納得がいかなければ、面と向かって価格交渉もできるのも良いところ。一点から気軽に持ち込めるのも買取店に持ち込むメリットです。また、不要なものを捨てずに、買取に出すことはサステナブルな行動と言えます。

デメリットとして考えられるのは、少々手間がかかること。特に買取店が近くにない場合、多くの交通費と時間を要します。また営業時間や予約の手配など、店舗ごとのルールを確認しましょう。また、値段のつかない商品の場合は無駄足になることもあります。

②出張買取を利用する
出張買取は自宅など、こちらが指定した場所に買取業者が来て買取をしてくれるので、販売店に持って行く手間が省け、近くに買取店がない人にも便利なシステムです。買取店での査定と同様に、その場で現金化できるのが嬉しいポイント。ただし、査定のために見ず知らずの人を家に呼ぶ点や、来てもらった手前、査定額に納得がいかなくとも買取を断り辛い点、さらに相手に手間をかけるので一点だけの場合呼びづらい点など、いくつかのデメリットがあります。

③宅配買取を利用する
買取してほしい商品を宅配で送る宅配買取。買取店が近くにない場合に便利ですし、送料や査定が無料のことが多く気軽に利用できるのが宅配買取のメリットです。シャネル ピアス コピーまた、面と向かっての査定ではないので、納得いかない場合に断り安いです。さらに現地での査定の待ち時間がないというメリットも。

デメリットは、査定しているところを確認できないため、価格に納得できなくても価格交渉が難しい点です。買取を断ると、送料などの費用が自己負担になる場合が多いです。また、宅配中に起きる紛失や破損事故などのトラブルを回避するため、補償の有無などを確認する必要もあります。